ホーム>スタッフブログ>冷え性

冷え性

冷え性

201926114955.png

冷え性の女性は多いですね。

冷えの原因はいくつかあります。

1、冷たいもの多食(白いもの)牛乳、乳製品

2、冷房(夏の場合)、冬でもシャワーだけ。

3、甘いもの(糖質の老廃物蓄積による代謝(メタボリック)異常)

4、有害ミネラル蓄積(水銀、ヒ素、鉛、アルミ、カドミウム、ベリリウム)

5、ミネラル不足(マグネシウム、鉄、亜鉛)
冷え性の原因はミネラル不足にもあります。冷え性の人は、自分の体の中で熱を作る働きが弱い
また、体温を保つ働きが弱いとも言えると思います。

熱を作れない、体温を保温できないのはミネラルが不足しているのも原因です。
私たちの体は、熱を作るエネルギーをおもに、炭水化物に含まれているブドウ糖を使って、

いわゆる車だったらガソリンと同じをエネルギーとして燃焼させ体温を保つための熱を作ります。

このときブドウ糖のエネルギーを熱に変える時にマグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラルが必要なのです。

ミネラルが十分足りてない人の体では、代謝が悪くなり血行が悪くなります。



検査で冷えの症状がある方、亜鉛とマグネシウムが足りない人が多いです。

閉経前の女性は鉄が少ない人が目立つ。

それと、水銀が高レベルに出る人もいる。


鉄は、ひじき、マグネシウムはカシューナッツ、アーモンド、亜鉛は牡蠣、牛もも肉などに含まれています。

ミネラルはバランスが大事です。足りないからと一つだけのミネラルを取りすぎるのも危険です。

亜鉛もとりすぎると貧血、免疫力低下を招きます。

冷え性がある人、一度検査をしてみたら自分のミネラルが足りているのかがわかります。

原因を取り除けば必ず冷え症は改善されます。

ページ上部へ